レクミーのアクセス解析から見る、いまどきの大学生のiPhone端末

リーディングマークでアプリエンジニアを担当している山田(@yamacraft)です。
おそらくこの記事が公開される頃にはiPhone 7(+Plus)が発売されているかと思います。ちなみに私はiPhone 7を予約しました。

弊社のサービス「レクミー」は新卒向けの就活サービスという特性上、基本的におよそ1年毎にユーザーが一新される特徴があります。主に利用しているユーザーは学部3〜4年生、そんな彼らが「いま持っているiPhoneは何が多いのか」を調べたところ、なかなか興味深い結果が出たのでシェアしたいと思います。

集計期間は直近3ヶ月(6〜8月)、弊社サービス「レクミー」のiOSアプリに設定したGoogle Analyticsからの数値(※)となります。

(※)アプリ起動時のアクションにユーザーディメンションで設定したモデル名を紐付けたイベント情報

iPhone端末のシェア

f:id:yamacraft:20160914163433p:plain

現在レクミーアプリを利用しているユーザーの40%近くがiPhone 6ユーザーという結果となりました。この時点での最新機種であるiPhone 6Sは5S同様20%、Plus系に至ってはどちらも2%以下で、「その他」の中に含まれる結果となってしまいました。
Plus系端末は学生には敬遠される傾向にあるようです。

iPhone SEのシェアは6.9%、5は6.2%だったので差はほとんどありません。
5Cも1.8%ということもあり、これは学生や社会人関係なくiPhoneはフラッグシップ端末が好まれているように感じます。

ではiPhone 7(と7 Plus)が発売されたことでシェアはどのように変化するのでしょうか?
これはあくまでも個人の予想ですが、iPhone 7以上に例年の下位モデルの価格変更のタイミングで6Sが大きく伸びるような気がしています。ただ6Sの増加具合は、価格変更の内容に大きく依存するでしょう(逆に言えば、変更がなかったり小さければ変化はほとんどないでしょう)。
iPhone 7系も、通信キャリアのキャンペーン内容に依存してシェアが変化してくことになりそうです。

今後も定期的にユーザーの利用端末シェアはチェックしつつ、ブログでお伝えできればと思います。

そんな弊社では、現在レクミーのサーバサイドのエンジニアを募集しています。「俺がレクミーのアプリをなんとかしてやる!」という強い気持ちをもった方がiOSアプリエンジニア志望として連絡を入れてもらっても自分は大歓迎ですので、ご連絡お待ちしております。

採用情報 | 株式会社リーディングマーク

おまけ OSのシェア

f:id:yamacraft:20160914163454p:plain

4%ほどiOS8ユーザーがいるものの、大半のユーザーは最新版にアップデートしてくれているようです。 これならiOS 10のシェアも一気に増えそうですね。

以上です。

©Leading Mark, Inc.