徹底したユーザー志向

f:id:yuji_drums:20160729201451j:plain

vp of engineeringをしている須藤です。
ローソンのリラックマキャンペーンに参加する男性は少ないそうです。
今回はリーディングマークでオーソリティの方を講師としてお呼びして行っている勉強会を紹介します。

今月の講師は野林徳行先生

エンジニアの方だとあまり接点がないかもしれませんが、リーディングマークでは顧問として尾原和啓さんに参画していただいております。NewsPicksを見ている方はプロピッカーとしてコメントを見ている方もいると思います。

尾原和啓 - Wikipedia

今月の講師の野林先生は尾原さんのご紹介で講演していただきました。
ローソンでリラックマキャンペーンを始めた方というと分かりやすかもしれませんね。

野林先生については下記の記事が詳しいです。

ch.nicovideo.jp

野林先生の経歴

上記の記事には記載がありませんが、今年に入って「FiNC常務執行役員CMO マーケティング戦略本部長」としてFiNCにも参画されたようです。

リクルートでゼクシィ、ローソンでリラックマと私の人生は野林先生にお世話になりっぱなしです。

徹底した顧客志向

野林先生の講演は盛り沢山な内容だったのですが、簡単にまとめると下記のような内容でした。

  • ユーザーを観察して企画につながりそうな動態を見つける。
  • マーケティングデータと照らし合わせる。
  • 企画してプロダクトに反映する。

本当に簡単に書いてますが、上記の行動を常識を覆す量でやっていたからこそ次々とヒットを生み出せたということです。

徹底したユーザー志向

リーディングマークでも「私たちの価値観」として「ユーザー志向」を掲げています。

企業理念 | 株式会社リーディングマーク

今までも学生様や企業様との接点は多く持つようにしていましたが、野林先生の講演を受けて今以上にユーザー志向を強化し徹底していく流れができました。

エンジニアチームも真にユーザーに受け入れられるプロダクトを作るために、徹底したユーザー志向でプロダクトを作る体制を作っています。

リーディングマークでは徹底したユーザー志向で、真にユーザーに受け入れられるプロダクトで世の中を変えたいエンジニアをお待ちしています!

採用情報 | 株式会社リーディングマーク

最後まで読んでいただきありがとうございました。

©Leading Mark, Inc.