リーディングマークエンジニアは全員リーダー

f:id:yuji_drums:20160313174907j:plain

vp of engineeringをしている須藤です。
技術顧問のことをEx-CTOというらしいです。
今回はリーディングマークのエンジニア組織を紹介します。

プロダクトで世の中を変える

何のためにエンジニアリングをしているのか。リーディングマークのエンジニアは「プロダクトで世の中を変える」ためにエンジニアリングをしています。

現在は新卒採用プラットフォームの「レクミー」と中途採用プラットフォームの「レクミーキャリア」で「本当に会うべき人と企業が出会い、良いキャリア選択ができる世界を創る」ことに挑戦しています。

これは単なるキャッチコピーではなく、皆が本気で「プロダクトで世の中を変える」という意志を持ってやっています。

社内でも「実現したい世界」と「ビジネス」は両立するのかという話が出ることがありますが、私は何かと何かが噛みあわないときは思考量が足りていないからだと思っています。考えて考えて考え抜けば必ず両者が両立できる道があると思っています。

リーディングマークのエンジニアが目指す組織

「プロダクトで世の中を変える」ためにはエンジニア組織がどうあるべきなのか。以前の記事(チームビルディングのためのエンジニア合宿をしてきました!)にもあった合宿で皆で決めた「品質」「スピード」「成長」「集中」で、「最高の品質のプロダクトを最速のスピードでユーザーに届ける」という技術的ビジョンと、「エンジニアとして成長し続け、やるべきことに集中できる環境を作る」という組織的ビジョンがリーディングマークのエンジニアが目指す組織です。

f:id:yuji_drums:20160705174826j:plain

やるべきことに集中できる環境が人を成長させる

私も上場前のスタートアップを何社か経験してきているので、裁量の範囲が広くエンジニアリングで言えばフルスタックな動きをできたり、複数のサービスに関われたり、エンジニアリング以外のことにも関われたりする環境はやりがいもありますし、スキルの幅を広げられるメリットもあります。

若いころは裁量の範囲が広い環境の方が成長できると思いますし、リーディングマークでも若手が入ってきたら広い裁量でやらせてあげたいと思っています。

しかし、キャリアを重ねていくと個々のスキルが高いレベルで求められるようになってきます。これは「7つの習慣」に影響を受けた考え方ですが、「人が依存状態から自立状態になり、相互依存状態になると相乗効果で1+1が2より大きくなる」と思っています。

そういった背景があって、リーディングマークのエンジニア組織では「全員リーダー」というテーマを掲げて、下の画像のように責任者が自分の領域に特化した上で仕様・情報共有・コミュニケーションで全体のスキルを底上げするようにしています。

f:id:yuji_drums:20160705193804j:plain

上の画像だと技術領域での責任者になっていますが、実際には下の画像のようにプロダクトごとにも責任者制にしています。

f:id:yuji_drums:20160706171739j:plain

組織が大きくなって人が増えても技術領域やプロダクト以外の切り口で責任者のポジションを増やして「全員リーダー」の組織であり続けます。

リーディングマークエンジニアのキャリア

技術領域やプロダクト以外の切り口の1つでもあるのですが、現状のリーディングマークのエンジニアは、「マネージャ」と「テックリード」がキャリアとしてあります。現在のメンバーで言うと下の画像のようになっています。 

f:id:yuji_drums:20160706185053j:plain

人によって職責が違うのですが、基本的にはプレイングマネージャな動き方をするマネージャと20%ルールで技術発信もするテックリードに分かれています。

リーディングマークエンジニアは全員リーダー

1人でも多くのリーダーがいる組織にするため、組織作りには妥協せず皆が成長できる環境を作っています。

リーディングマークではプロダクトで世の中を変えたいエンジニアをお待ちしています!

採用情報 | 株式会社リーディングマーク

最後まで読んでいただきありがとうございました。

©Leading Mark, Inc.